再び南阿蘇へ〜熊本地震復興支援プロジェクト

出会い 日記 熊本地震復興支援

弊社ティミッションが企画する熊本地震復興支援プロジェクト
参加して頂ける方への説明会の為に南阿蘇へ向かいました。

minamiaso

今回は幸いに晴天に恵まれ、前回では楽しむことの出来なかった
風景を堪能しながらの道中でした。

しかし、危険で立ち入ることが出来ずに震災時そのままの姿の倒壊した家屋が
次から次へと目に入り、その度に厳しい現実に引き戻されました。

今回も、萩原さんを訪ねレストラン・ストロングボスへ。

kanban

しかし、どうも雰囲気が違います。
ストロングボスの手前の交差点で、警察官の姿、地元住民の方々が集まられています。
どうしたのかと聞くと、なんと天皇皇后様が来熊されていて、直ぐ近くの被災現場を視察されているとのこと。
それもまもなく前の通りを通られるとか!

何という幸運!
予想もしなかったラッキーに大興奮、思わず撮影させて頂きました。


強行軍で随分ご無理をされてるのでしょうが、美智子妃殿下に至っては
席を立って手を振られていました。
思わず目頭が熱くなりました。

両陛下を乗せたバスが通る前に二人の機動隊員が事前説明をしてくれたのですが、
爽やかな好青年でした。

さてさて思わぬサプライズに「さい先の良さ」を感じながら
ストロングボスへ

なんと、漢義溢れる萩原さん。

前回の打ち合わせから沢山の南阿蘇の店主さんに声をかけて頂き
スタートには十分すぎるほどの反応を頂くことが出来ました。

本日は萩原さんを含め、みそらやcafeさん
久永屋、南阿蘇鉄道の長陽駅舎、駅長さん。
そして、グリーンピア南阿蘇の方も参加頂きました。

説明会の後、様々な南阿蘇の状況を聴くことが出来ました。

どれも印象的だったのが、阿蘇トロッコ列車のエピソードでした。
この震災で、運行が中止され再開出来るまでに莫大なコストがかかるとの事。

阿蘇の観光目玉の一つであるトロッコ列車は、汽笛一つとっても
地域住民の生活の一つになっていたのに、再開出来る目処がたたず
みんなが寂しい思いをしている・・・

動画サイトでは変わり果ててしまった阿蘇、熊本がこれでもかと映し出されています。

しかし、もう悲しんでばかりは居られません。

辛く苦しいけど、立ち上がらなければならない。

そんな切実な想いが切実に伝わってきて、何とかしなければと改めて気が引き締まる
思いでした。

さあ、これからの阿蘇、熊本。

やりまっせ!

最後に久永屋さんからシフォンケーキの差し入れを頂きました。

sifon

フワッフワでめちゃくちゃ美味しかったです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA